デメリットも教えてくれる不動産屋さんは信用出来ます

不動産選びに失敗しないために

不動産を選ぶ時、人それぞれ強いこだわりがあると思いますが何を基準にして賃貸・一戸建ての契約をしていくと良いかランキングにしました。

選んで良かったと思う不動産の選び方TOP3

間取り図
no.1

間取りの快適さ

立地や家賃で不動産を選んでしまうと、結果的に「狭い・部屋が使いづらい」ということになりかねません。そうならない為に、収納スペースの大きさやリビング・キッチンの大きさ等には強いこだわりを持っておく必要があります。

no.2

ライフスタイルに合った立地

不動産を選ぶ上でよく重要視されているのが建物の立地です。社会人であれば職場から近く・駅からも近いという立地が良いと思います。大学生等も学校やアルバイト先から交通の便の良さを選び、そこから繁華街沿い等の細かい希望を出すのをおすすめします。

no.3

同じ不動産の建物内の住人

アパート・マンション等の集合住宅を選ぶ際に気にしておくことは、左右の隣同士や同じ階の住人がどのような人なのかを知ることです。隣近所の住人達と円滑な生活を送るために、居住している人たちの年齢層や性別等の最低限の情報を契約する前に不動産屋さんから説明を受けておきましょう。

良い不動産に出会ったら

こだわりを持ち良い不動産に出会った時、初めての方等は契約をする為に必要書類が分からないと思います。契約の際にローンを組むという方も多いかと思います。契約をするとなった時必要な書類等を紹介します。

不動産の購入をする時に必要な書類

  • 運転免許証等の顔写真付き身分証
  • 契約者本人の保険証
  • 住民票
  • 源泉徴収票等の収入の証明が出来るもの
  • 契約時・ローンを申し込む為の印鑑
  • 家賃の引き落としに使う通帳
  • 保証人証書
  • 契約時に必要なお金

良い不動産屋さんを選ぶことで部屋選びを間違えない

女の人

ハザードマップを取り入れた物件選びをする

日本に暮らしている以上避けて通れないのが地震や等の天災です。ハザードマップとはそれら天災がその地域でどれぐらい被害が拡大するのかを示した地図になります。ただ、立地・家賃・間取り等で選ぶのではなく自分が住んでいる地域の避難場所や避難経路等も知った上で住む必要があります。ハザードマップを知ることで、自分自身が暮らす街をよく知るきっかけにも繋がります。

いざという災害時に影響を出さないために

大家さんや、不動産の営業担当者に対して災害時の避難経路の確認を契約時に行います。その他に、地域の避難訓練の参加や近隣住民との交流を欠かさずに行っていきましょう。

[PR]
石垣島で貸別荘を提供中
美しい海が一望できちゃう♪